国語

時間がなくても手軽に出来る!最強の現代文勉強法【国語】

「国語力をつけるためにたくさん本を読め」

こういう国語教師がいるが、

受験生は忙しい。

国語に割く時間はおろか、読書の時間はなかなか作り出せないのが現実だろう。

 

そんな悲しい受験生たちの声を受け、

今回は読書に変わるお手軽な現代文勉強法を紹介する。

今日からぜひ実践してみてほしい。

入試問題の問題文と解説を読む

国語の問題文を読んだことがない人はいないだろう。

参考書、過去問、定期テスト

いろんな機会で目にしたことがあるはずだ。

 

この何気なくみていた問題文を最初から最後まで読む

設問は軽く読むだけで解く必要はない。

読み終えたら解答解説を読む

これも特に設問の箇所は重要視しない。

 

これだけ。

 

1冊の本を読むよりはるかに短い時間で読み終えられるため大変お手軽だ。

 

入試問題の問題文で与えられるのは

起承転結の『転』にあたる箇所が圧倒的に多い。

 

国語の授業で習った人も多いと思うが、

起承転結の『転』とは、展開が転じる場所。

すなわち文章の核心にせまる一番大切な箇所である。

 

いままでの流れが大きく切り替わる場所。

つまり筆者の主張、一番言いたいこと、テイクホームメッセージ

ここに込められているのだ。

 

問題文を読む行為はそのまま文章の核心に触れることとイコールなのだ。

問題文を読めばそれだけで分厚い本を1冊読む代わりになる。

 

またこの勉強法のメリットは文章の核心に多く触れることができるだけはない。

解答解説も直後に読み込むことで、

設問の答え方が自然と身に付いていくのだ。

 

実は、「現代文が苦手」という学生に話を聞くと

読解は出来ているのに設問を理解できていないというケースが意外に多い。

 

例えば

「風が吹けば桶屋が儲かる」のはなぜか?

こういう設問があったとする。

これは、

桶屋が儲かる機序を(順に)説明せよ

ということだ。

 

設問のパターンはとても少ない。

このパターンとその回答方法を知ることは非常に効果的な対策である。

参考書やインターネットでも簡単に見つかるので

すぐにでも知りたいという人はぜひ調べてマスターしてほしい。

参考書としてはこちらがおすすめ

現代文と格闘する (河合塾SERIES)

漢字を勉強する

漢字はどこの学校でも出題される。

配点こそ低いが、

解けないことはそれだけで焦りにつながるしもちろん他の受験生との差にもなる。

漢字1つのミスで不合格、なんて悲しい事態にならないよう今から対策しよう。

 

問題文で読めない単語、初見の熟語があれば読解の妨げになるし

スムースな読解のためにも必ず学習しておきたい。

たくさん本を読む代わりに参考書を1冊やるだけで十分効果がある

コストパフォーマンスも良いから必ず実践しよう。

有名どころはこちら↓

英語や数学の息抜きとしても最適。センター対策としてもおすすめ。

 

入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)

書けない熟語、読めない熟語がなくなることは

それだけで現代文の確かな自信につながる。

 

キーワードを勉強する

意外と見落としがちなのがキーワードだ。

キーワードと聞いてピンとこない人も多いかもしれないが、

評論文などでよく出題されるテーマのことを指す。

言ってしまえば現代文の背景知識である。

 

問題文で書かれているテーマがそもそも分からなければ

もちろん書いている内容も理解できない。

一般に当たり前とされている見解、すなわち了解事項を知らなければ

筆者のオリジナリティを理解することは到底難しい。

 

必ず一読して背景知識をざっと頭に入れること。

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

キーワード学習の初学書といえる。

基本単語だけでもとりあえず押さえておこう。

イラストも交えた丁寧な解説のため国語が苦手な人でも理解しやすい内容になっている。

 

現代文キーワード読解改訂版

単に読み物としても非常に優れている。解説も分かりやすく収録語句のバランスもよい。

早慶以上を目指す受験生はぜひ一読したい。勉強の合間や息抜きとして読むことをお勧めする。

 

テーマについての基本見解を知ることは小論文の対策としてもたいへん効果的である。

これらの参考書をあくまで参考にしながら、学習と同時に自分の考えも膨らませていこう。

現代文と小論文の対策が同時に出来る。まさに一石二鳥だ。

 

キーワードは英単語とちがって暗記の必要はない。

一通りのキーワードにざっくりとしたイメージを持つことを目標にガンガン読み進めていこう。

これまでいまいちピンとこなかった評論文が一気に身近な文章に変わって読めるはずだ。


 

以上が時間がなくても手軽に出来る最強の現代文勉強法だ。

  • 現代文は才能だ
  • 勉強しても伸びない科目だ

こう思っている受験生も多いと思う。

しかし、それは間違い。

現代文だってやれば必ず伸びる

 

、始めよう。絶対出来る。

ABOUT ME
第一志望に入ろう
高3から受験勉強をはじめて旧帝大学医学部と慶応大学医学部に現役正規合格。 偏差値52→76の逆転合格を実現したノウハウ、実体験に基づいた独自の勉強法を紹介する。