英語

前置詞を極めるpart1

前回に引き続いて前置詞について紹介していく。

まずは基本となるtoから。

 

toの基本概念は“到達地点”だ。

go to schoolなどを考えればいいだろう。

「あるものが対象物と向き合って、最終的に到達地点に辿り着く」

A→B

これがイメージだ。

 

そこから、

 

到達時間(時間におけるA→B) from Monday to Sunday(月曜から日曜まで)

到達状態(最後に到達する状態)be frozen to death.(凍死する←凍りついた最後の状態として死ぬ)

結果(到達状態=結果)To my surprise, she said that.(彼女は言った、その結果私は驚いた。)

限界(到達した=もう先がない)drink to the last drops(最後の一滴まで飲み干す)

境界線(限界地点=境界)confine A to B(AをBまで制限する)

 


 

対象物の方にフォーカスすれば、

対象(A→BのB=対象)pay attention to〜(〜に注意を払う)

目的(対象=目的)I went out to dinner.(私は夕食のために外出した)


 

到達したAとBの状態に注目して、

付着(A→Bの結果としてAとBが同地点に存在する=付着)I attached a photo to this E-mail.(メールに写真を添付した)

追加(Bの視点で考えるとAがBに加わってくる) add A to B(BにAを加える)

合致(最終的にAとBが同地点に存在して合体する)He danced to the music.(彼は音楽に合わせて踊った)

 

以上が前置詞toの基本用法だ。

これを押さえておけばまず間違いないだろう。

大事なのはイメージを持つこと。

少しずつでいいから英語と日本語の間にイメージを挟む訓練をしていこう。

ABOUT ME
第一志望に入ろう
高3から受験勉強をはじめて旧帝大学医学部と慶応大学医学部に現役正規合格。 偏差値52→76の逆転合格を実現したノウハウ、実体験に基づいた独自の勉強法を紹介する。