英語

旧帝大医学部の現役合格者が選ぶ!合格間違いなしのおすすめ参考書【英語】

英語は自宅学習が鍵である。

自宅学習を極めれば英語は確実に飛躍する。

しかし、逆に言えば予備校でカリスマ教師の授業をいくら受講しても

受身の姿勢で聞いているだけではいつまでたっても

大学受験に必要な「英語力」は身に付かないのである。

 

今回、偏差値52から慶応医学部と旧帝大学医学部に現役合格した経歴をもつ筆者が厳選した

おすすめの参考書と使い方を紹介するのでぜひ役立ててほしい。

文法書

・総合英語Forest 7th Edition(基礎的な文法書)

・英文法解説(網羅的な文法書 少し古くさいが、非常に詳しく書いてある)

・ロイヤル英文法―徹底例解(網羅的な文法書)

 

基礎的な部分を二、三回読んで最低限必要な知識(仮定法の作り方や分詞構文など)を身につける。

 

網羅的な文法書を一冊所持しておいて英語の学習をすすめる際の疑問を解決するのに辞書的に用いると良い。

 

どの教科においても、

“これを読めばあらゆる疑問を解決してくれる”

という参考書を一冊所持しておくとよい。

英文法解説

英語におけるまさにそれがこの英文法解説である。

 

単語帳

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

速読英単語1必修編改訂第6版

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

どれも内容は同じ。

上の3冊なら何を選んでも間違いはない。

必ず1冊は暗記すること。

 

単語テストをするわけではないから、

英語→日本語を素早く答えられることを目標にしよう。

 

よく単語がなかなか覚えられないという人がいるが、

一番の原因は一日にやる量が少なすぎることにある。

 

暗記の要は量と時間とアウトプットにある。

 

ポイントは

大量に、すばやく、 そして必ず暗記チェック。

 

1日に〜個→1日〜章

◯ヶ月計画→◯週間計画

 

目標は2時間で1周。

 

必ずやれば、覚えられる。

とにかくがむしゃらに実践して暗記してほしい。

 

単語帳によっては例文や長文が登場するものもあるがこれらは無視してもかまわない。

 

熟語集

 

DUO 3.0

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

速読英熟語

単語と違って熟語は軽視されがちだが、

これをやるだけでも英語力は大幅にアップする。

筆者の場合、解体英熟語を使用した。

解体英熟語 改訂第2版ブック型

 

こちらも単語と同じ。

短期集中暗記がおすすめだ。

 

また意味がある複数ものも全て覚えよう。

熟語は例文の中で覚えると比較的覚えやすい。

 

 

英文解釈

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)

ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)

この二つは非常におすすめ。

本格的な受験勉強に入るまえにぜひとも一読したい。

 

こなれた日本語訳が書けなくとも、

文構造と意味さえ理解していれば受験では満点がくる。

今は、文構造の理解を念頭に置いてひたすら読み進めてほしい。

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

最初の一冊としてはこちらもおすすめ。

 

上の二つをやって余力があれば英文読解の透視図か英文解釈教室。

英文読解の透視図

英文解釈教室 改訂版

 

さらに力を試したい人は思考訓練の場としての英文解釈を。

思考訓練の場としての英文解釈(1)

 

難関大の過去問題集

東大の英語25カ年第8版 (難関校過去問シリーズ)

東京慈恵会医科大学(医学部〈医学科〉) (2016年版大学入試シリーズ)

志望校ではないという人も主に文法・和訳・長文問題をやってほしい。

 

和訳問題を解き終えたらすぐ解答例をみて、

自分の文構造の取り方に問題がないかを確認すること。

 

この二校の英語が時間内に十分得点できるようになれば英語の勉強はおおむね完成である。

 

早慶を確実に押さえたい人は、東大の英語25カ年を

医学部受験者は、東京慈恵会医科大学を。

 

リスニングと英作文

灘高キムタツの東大英語リスニング (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

リスニングの定番。東大志望でなくともぜひやっておきたい。

和文英訳の修業

例文集として絶大の人気を誇る名著。

ハードカバーで装丁も昔ながら、正直使い勝手は悪いが収録例文は最高だ。

500の文を覚えれば英文が自然と身体に染み付く。

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)

修行が使いにくいというひとはこちら。

こちらも名作。700とやや多いが覚えれば必ず役にたつ。

 

大学受験に必要な「英語力」の正体でも紹介したが、

リスニングには音読、英作文には英文暗記が非常に有効である。

 

優先度はやや低め。

文法・和訳・長文問題が十分できるようになってから構わない。

 

今やること、

次にやること、

そして本番までにやるべきこと 。

 

この3つを常に意識すること。

受験は「計画を立てる」ことからまず始まる。

 

正しい学習計画は第一志望の合格を必然にする。

合格に必要な参考書選びはそのための第一歩であるのだ。

 

ABOUT ME
第一志望に入ろう
高3から受験勉強をはじめて旧帝大学医学部と慶応大学医学部に現役正規合格。 偏差値52→76の逆転合格を実現したノウハウ、実体験に基づいた独自の勉強法を紹介する。