英語

旧帝大医学部の現役合格者が送る勉強法のすすめ【英語】

英語の勉強を始める前に、

英語の勉強の仕方を学ぶことはたいへん重要だ。

勉強法を学ぶ理由はこちら

 

今回は、偏差値52からの大逆転合格を果たした筆者が実際に行った英語勉強法を紹介する。

 

英語なんて単なる言葉に過ぎないのだから

必ずやればできるようになる。

信じて実践してみてほしい。

早速だが以下のような順番で学習をすすめてほしい。

①基礎的な文法事項を習得する

②基本単語を覚える

③英熟語を覚える

④英文解釈を習得する

⑤難単語を覚える

⑥過去問を解く

 

⑤に関しては余力があれば。

 

最低限④までやってから

長文問題や過去問に挑戦していただきたい。

 

長文問題の詳しい勉強方法はこちら

 

それでは詳しく見ていこう。

基礎的な文法事項を習得する

簡単な文法の教科書を二、三回読み流すだけで構わない。

まずは基礎的な文法事項の習得から始めよう。

 

有名どころは総合英語Forest 7th Editionなど。

学校で配られているものがあればそれを用いるのがよい。

 

  • 完了形は作れるか?
  • 分詞構文が訳せるか?

こういった基本的な文法事項を必ず習得しよう。

 

数学で言えば「公式」にあたること。

この作業をおろそかにすると

いつまでたっても基本からぐらついてしまう。

 

不安な人はすぐに復習してみよう。

 

今後の学習のために英文法解説も購入し、

辞書的に使うのもたいへん効果的である。

英文法解説

基本単語を覚える

英語の学習において単語の暗記は必須。

 

「単語はでてきた長文の中で覚えろ」

などという人がいるが、

これはある程度英語のできる上級者が行う学習方法だ。

 

われわれ初学者がこの方法で読解に挑戦しても、

一行追うごとに初見の単語が山ほどでてくるだろう。

ストレスで英語ギライになるのが関の山。

 

覚えてしまえることは、早めに覚えてしまう。

これが入試の鉄則だ。

 

速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)

など。

 

センターレベルの英文をみて初見の単語がなくなればおよそ完成だ。

 

英熟語を覚える

なぜか軽視されがちだが、とにかく大事な作業。

必ず実践しよう。

 

せっかく苦労して英単語を覚えても

to the effect that(〜という趣旨の)

という熟語が、

to/the/effect/that

と、このように細切れに感じるようでは意味不明である。

 

覚えた英単語を活かすためにもやはり英熟語の暗記は超重要。

 

この作業によってバラバラに見えていた単語が、ひとつの区切りをもって読めるようになる。

英文を読むスピードも格段にあがるはずだ。

 

また試験でよくある文法問題というものの半分は、

熟語知っていれば正解できる簡単な熟語問題なのですぐに得点力もあがる。

 

英文解釈を習得する

これは英語学習の最重要ポイント。

 

英文解釈なくして、英語力向上はない。

こういっても過言ではない。

 

英文解釈というと

むずかしいような印象を受けるが、

英文を

英語のルールにそって、

じっくり読むこと

 

これが英文解釈である。

 

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)

英文読解の透視図

英文解釈教室 改訂版

 

このあたりがおすすめである。

詳しくはこちらを参照

ビジュアル英文解釈

これを読めば、英文の読み方が180°変わる。

今までいかに、自分が適当に読んでいたかを思い知るはずだ。

 

難単語を覚える

ここまでくればほぼ自己満足。

おそらく試験で出るときは注釈がつくし

つかないとしても十分類推可能な箇所にしか用いられない。

 

だが、難関大を目指す受験生としては

速読英単語(2)上級編 [改訂第3版]

こちらを6割程度までは暗記しておいて損はない。

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)(後半に難単語)

こちらもおすすめ。

 

過去問を解く

⑥としたが必ず早い段階で志望校の過去問を1年解くこと。

  • 出題範囲
  • 配点
  • 傾向
  • 合格最低点

 

これらから今やるべきことは見えてくる。

モチベーションアップのためにも必ず早いうちに解いておこう。

 

また早慶や医学部を目指す受験生も

ぜひ東大の過去問に取り組んでほしい。

東大の英語25か年

東大の好むような意表をつく問題は非常に為になる。

 

すべての教科にいえるが東大の問題は実に練られていて良問揃い。

志望校で出されない形式の問題(リスニングや段落整序など)は飛ばしてかまわない。

 

英語の勉強法を紹介したが、

やはりなにより重要なのは実行と継続である。

きょうから始めること、毎日続けること。

これだけだ。

 

1年後、とんでもない英語力でライバルを圧倒しよう。

必ず出来る。

ABOUT ME
第一志望に入ろう
高3から受験勉強をはじめて旧帝大学医学部と慶応大学医学部に現役正規合格。 偏差値52→76の逆転合格を実現したノウハウ、実体験に基づいた独自の勉強法を紹介する。