英語

大学受験に必要な「英語力」の正体

大学受験には英語力がつきものだ。

とはいっても、この漠然とした「英語力」とはいったいなんであろうか。

勉強の傍ら疑問に思う受験生も多いはずである。

 

この受験生たちの悩みにつけ込んでか、

最近は大学の受験にまったく役立たない専門知識を振りかざす予備校教師やネット教師がやたらと多い。

 

役に立たないどころか、

かえって受験の邪魔ともなる謂わば「無用の長物」

本人はしたり顔で教えているから困ったものだ。

 

受験生の方も普段耳にしない奇妙な知識を吹き込まれるものだから、

「ああ、この先生は英語が出来るんだ。この先生についていけば自分も英語が伸びるに違いない」

と思い込んで熱心にメモをとって聞いているからまさに奇妙な光景である。

 

こんなのは言うまでもなく時間の無駄だ。

今日でやめにしよう。

少しでもエセ教師の自己満足に被害を被る受験生を減らすために、

今日はこの「英語力」の正体について説明したいと思う。

さて、大学受験に必要な「英語力」とは即ち

英語を読む、書く、聞く

能力である。

 

話すこと以外の総合的な能力が大学に課される「英語力」である。

 

フランクな挨拶やとっさに使える会話表現などは受験にほとんど必要ないことがすぐにわかる。

 

さらに具体的に見ていこう。

英文を「読む」能力=リーディング

英語で書かれた文章を日本語のように何を言っているかすっかり理解する能力である。

リーディングとはパラグラフリーディングなどといった小手先のテクニックを使って

設問の答えを絞り込むことでは断じてない。

 

きちんとした英語のルールに則って英文をひとつずつ解体して行かなければならない。

これは当然短文であろうが長文であろうが同じことである。

 

そのためには単語、熟語の知識はもちろん必要になってくるし、

文法、語法の理解を前提とした英文解釈の訓練が必要不可欠である。

 

書く能力=ライティング

読むと書くは表裏一体であるからして上に書いたことのおよそ逆のことをしていくだけである。

必要な知識もリーディングのときとさほど変わりない。

 

ただ我々がネイティブでない以上自分で英文を作り出すには限界がある。

 

そこで、英文暗記をお勧めする。

 

英作文ではなく英借文

 

和文英訳をみたら自分の見知った英文の中から

借りてきて切り貼りしてやればよい。

 

このときも大学講義レベルの微妙なニュアンスの違いなどには

さほど留意しなくてよい。

 

最も大事なのは設問の和文を自分なりに和文和訳して噛み砕いたのち、

見慣れた英文を切り貼りして1つの体裁を持った文章を作り出すことである。

 

聞く力=リスニング

これは各々が志望する大学によっても大きく異なるので注意が必要だ。

自分の志望校の出題の有無を確認する意味でも過去問を一年分だけ早いうちに

解いておくことをおすすめする。

 

自分の目標とする学力レベルといま現在のレベルの乖離ぐあいから

これからの学習計画が自ずと見えてくるのでこれは非常に有効である。

 

さてリスニングの対策であるが、

ここはたいへん多くのひとが誤解している箇所なのでぜひ気をつけてほしい。

 

リスニングが出来ない一番の理由は

「聞く」ことに不慣れだからではない。

「読む」ことに不慣れだからである。

 

英文を前から読んですぐに理解する能力が十分備わっていないことが

リスニングのときに露呈しているだけなのだ。

 

まず語彙力(単語、発音、熟語、構文)

そして英文解釈と音読(英文を前から読んでそのまま理解する)

最後にリエゾン(発音しやすいよう習慣的に変形して発音されるもの)

 

長文の極意で紹介した三つの手順にそってリーディングの勉強をやっていけば

センターレベルはまず問題ないといえるだろう。

 

あとは志望校のレベルにあわせて英文解釈の勉強と同時に音声スクリプトを

聞き込んでいけば十分である。ディクテーションも有効である。

 

まとめると大学受験で必要な「英語力」を身につけるためには、

①語彙力の強化(単語、発音、熟語、構文)

②英文解釈トレーニング

③音読

④例文暗記

⑤音声スクリプト聞き込み

 

この5つを十分にこなす必要がある。

逆に言えばこの5つ以外はさほど重要視しなくてもよい。

 

自分の志望校どころか全国どこの大学も出さないような

難単語や微妙な使い分けはこれ以後知識から排除してしまってかまわない。

 

目標を明確にすること、

そしていま必要なことを実践すること

この2つが長い受験の苦楽を分ける大きなポイントだ。

必ず合格を勝ち取ろう。

ABOUT ME
第一志望に入ろう
高3から受験勉強をはじめて旧帝大学医学部と慶応大学医学部に現役正規合格。 偏差値52→76の逆転合格を実現したノウハウ、実体験に基づいた独自の勉強法を紹介する。