勉強法

浪人すべきか迷っている人に捧げるたった一つのアドバイス

ご無沙汰しております。『第一志望に入ろう』です。

受験生の皆さん、前期日程まで本当にお疲れさまでした。

 

自分の実力が100パーセント出し切れたという人も、

うまくいかずに落ち込んでいる人も、

とりあえず今は最後の合格発表を待ちましょう。

 

少し上から目線になってしまうかもしれませんが、

皆さん長い受験勉強を本当によく頑張りました。

お疲れ様でした。

 

後期試験のことや結果発表のことも気になるかとは思いますが無理せず準備を進めていって下さい。

 

また長らくブログやTwitterの更新が止まっておりましたが、少しずつ更新していけたらと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(DMやリプなどをくださった方、返信をお待ちの方がおりましたらお手数ですがもう一度お願い致します。)

 

以下本文です。


さて、東京大学をはじめ多く大学の合格発表まで残すところあと数日となったが

こんな不安を抱えている受験生も少なくないだろう。

 

浪人すべきか、進級すべきか

自分の第一志望に見事合格できればそれでいうことはない。

 

しかし、

 

第一志望が不合格だったら??

第二志望、第三志望しか受からなかったら??

 

はたまた全ての大学が不合格だったら。。

 

私自身も経験したように、今現在その悩みを抱える受験生も多いだろう。

 

 

今、受験生に一つのアドバイスを送ろうと思いこの記事を書き始めたわけであるが

ふと気になってネットで「浪人」についていくつか検索してみた。

 

  • 浪人して成功する人はこんな人
  • こういう人は浪人してはいけない
  • この大学なら浪人すべきor進学すべき

 

ざっとこんな感じだった。

そんな中あえて言わせてもらいたい。

 

自分でしっかり悩んであとは適当に決めろ。

 

ここまで読んでくだらないと思ってブラウザを閉じたって構わない。

だから頭でごちゃごちゃ考えたあとは自分の直感に従って決めてしまってほしい。

 

自分で気のすむまで悩んで出た結論ならそれが正解だ。

だれの意見もアドバイスもいらない。

自分が思ったこと、やりたいことを自分のやりたいようにやってほしい。

 

あとで後悔したり立ち止まったりしたときに

自分があれだけ悩んで出した結論だから仕方ないと思うまで悩んでみてほしい。

 

結論が出ないときは自分の直感を信じてほしい。

必ずそれが最良の選択であるはずだから。

 

今まで書いたことと少し矛盾するように感じるかもしれないがいくつか覚えておいてほしい。

 

学歴や大学名がすべてではないということ

学歴やブランドだけで手に入るものなんてタカがしれている。

世の成功者で中卒や高卒のひとが巨万といる。

受験勉強をやめることは決して恥ずかしいことではない。

 

逆に言えば第一志望に受かったからといって気を抜いてはいけない。

学校の差、学力の差、一年間の差なんてものは

まったく大したことのないちっぽけなものだということを忘れてはならない。

 

人生なんてあとからいくらでもやり直せるということ

進学してみてやっぱり受験し直したいと思えばまた受験すればいい。

浪人してやっぱりあの大学に入りたかったと思ったらまた受ければいい。

 

たった1年勉強に使ったってなんとでもなる。

年収がどうとかサークルがどうとかそんなのはいらない。

 

自分がやりたいこと、自分にやらせてあげたいこと。

それができればなんだってかまわない。

 

この1年や2年どんな過ごし方をしたって構わない。

つまらない見栄やプライドを言い訳にして自分に嘘をつくのはやめにしよう。

 

自分が失敗する浪人の特徴に当てはまっていたからってなんだ。

周りが進学を進めるからってなんだ。

 

もう一年頑張りたいなら納得いくまで頑張ればいい。

進学したいと思うならそのまま進学すればいい。

 

必ず自分の気持ちを信じてほしい。

自分の行動に責任を持ってほしい。

受験勉強を乗り切れた皆ならばそれができるはずだ。

 

これだけは必ずいえる。

その選択は絶対間違っていない。

自分の選択は悪くない。

 

自分の道を行こう。

 

ABOUT ME
第一志望に入ろう
高3から受験勉強をはじめて旧帝大学医学部と慶応大学医学部に現役正規合格。 偏差値52→76の逆転合格を実現したノウハウ、実体験に基づいた独自の勉強法を紹介する。